MBAを目指す理由:将来の夢をよく聞かれるのでまとめてみました | AYMYBLOG.com

MBAを目指す理由:将来の夢をよく聞かれるのでまとめてみました

こんにちは、AYMYです。今回はMBA取得を目指す理由について少し詳しく書いていきたいと思います。

というのも、いつも周りの人から「なぜアメリカでMBA?」「本当に必要なの?」といった同じような質問を過去に何度も受けていて、一度自分の言葉でまとめておきたいと思ったからです。

もしこれからアメリカに留学したい、更にはMBA留学をしてみたいという方がいらっしゃれば、一つの意見として参考にしてみてください。

MBA留学とは

まず、MBA留学について聞いたことがない方のために簡単に内容を説明すると、MBA留学は海外の大学院にビジネス修士学号を取得するために留学することです。

よく語学留学、交換留学と混同してしまう方がいますが、全く異なる留学スタイルです。例えば、入学条件はTOEFLの点数が100点以上であったり、複数の推薦状が必要であったりと、かなり厳しいものになっています。

また、学部留学とも異なり、卒業に必要な年数は1年半~3年程で、総単位数は学部より少なめです。

MBA留学では主にビジネス全般について学び、学校によっては二年目以降に細かく自分の分野を絞って勉強できる場合もあります。

MBA留学をする表向きの理由

私がMBA留学を決めた際によく言われたことは、「卒業後の明確な目標を決めておくべきだ」ということです。

一般的に目標が定まっている方が勉強にも精が出るし、有意義な学生生活を送れると言われています。

また、留学中は何度も自分の将来の夢を聞かれることが多いので、目標が決まっているに越したことはないです。

そのため、私がMBA留学の理由を聞かれた際はいつも将来外資系コンサルタント会社で日本と海外を繋げていく仕事につき、最終的には自分のビジネスを持ちたいと話しています。

MBA取得を目指す本当の理由

しかしながら、正直に申し上げると、特別何か具体的にやりたいことがあるわけではないのが事実です。

こんなことを言うと、そんな曖昧な心持ちで留学するなんてただのモラトリアム人間じゃないかと批判されそうですが、それも正しいと思います。

ただ私が明らかにしておきたいのは、夢は具体的である必要はないということです。

私が学部を卒業した際に「大学院でビジネスに関する学問を極めたい!」と感じ、自分の可能性を信じて突き進んだ結果がMBA留学でした。

明確な目標がなくたって道は開ける

今、具体的な将来像が描けないと悩んでいる方に伝えたいのは、将来の夢を持つことが人生の全てではないということです。

自分の今できることに対して最大限に努力を積み重ねていくことが大切だと思います。

何でも続けているうちに道は開けていくものです。今の時点で未来がどうなるのか考え過ぎてもただの時間の無駄でしかありません。

つまり、私には明確な目標はありませんが、ただ学問としてのビジネスに興味関心を持ち、今できる最大限の力をそれに注ぎ込んでいる限りです。

そして、その努力が明日か、来年か、そのまた十年後かに実る日が訪れることを信じています。

具体的な目標はあとからついてくるものです。今、留学しようか悩んでいる方がいれば、小さなことでもいいので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。